「園内研修の提案はパワハラ?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】

連載
保育マメマメQ&Hints! 保育の悩み、立ち話 with 大豆生田啓友先生
関連タグ

玉川大学教授

大豆生田啓友

大豆生田 答えはひとつじゃありません。ぼくの考えるいくつかの対応例をあげます。みんなで対話して、考えていきたいですね。

※リール動画撮影中の様子(写真左は小学館編集スタッフ) 公式Instagramで今回のテーマの動画(約90秒)が見られます。(←文字をタップorクリックしてください)

大豆生田啓友先生

玉川大学教授。保育・子育て支援系が専門。特に保育の質が研究のメインテーマ。著書に『日本が誇る! ていねいな保育』『日本版保育ドキュメンテーションのすすめ』(ともに共著・小学館)など多数。

保育は、子どもの生活に丸ごとかかわるお仕事。
そして、同僚や保護者との関係も複雑に交ざり合って、
なかなか個人の思ったとおりにはいきません。
「こんな場合、どうしたら?」
そんな現場の保育者が抱える悩みや疑問に対して、
大豆生田啓友先生から、考え方のヒントをいただきました。
これをもとに、仲間とぜひ話し合ってみてください。

園内研修の提案は、パワハラ?

Q奈

Q奈 主任をしています。
園内研修をしたくて、同僚に提案したら、園長先生から「あなたの主任という立場で、それを言うと、パワハラになるからやめて」と言われました。目上から言われると、NO と言いにくいからだそうです。でも研修は必要だと感じてます。
どうしたらいいですか?

マメ先生

そもそも、職場でのパワハラの定義って?

マメ先生 ちょっと、厚生労働省が示しているパワハラの定義(←タップorクリック)を見てみましょうか。
それによると、パワハラっていうのは、次の3つの要素を「すべて」満たすものを指します。
(∵ 1 個だけでは、パワハラではない)
①上司から部下へなど、「優越的な関係を背景とした」言動。
②仕事と関係ない、または、たび重なる残業を強いるなど、「業務上必要かつ相当な範囲を超えた」言動。
③精神的、身体的は苦痛を感じて、仕事ができないなど、労働者の「就業環境が害される」言


超簡単に図解すると、こうですね。

※上司だけでなく、同僚や部下であっても、たとえば
・業務上必要な知識や経験が上の者
・拒絶や抵抗ができないような集団
なども「優越的な関係」に含まれます。

その提案は、パワハラ要件を満たしていた?

マメ先生 もし、その研修が、
・後輩への嫌がらせで提案された。
・保育や、互いの同僚性を高めるためではないなど、仕事にまったく関係ない内容、または、勤務時間を大幅に超える内容だった。
・苦痛を与え、翌日の保育にも支障を与えるものだった。
これらを満たすものだと、パワハラになるってことですね。
だけど、今回の研修の提案は、後輩をいたぶる(?)ことが目的ではなかったでしょうし、
目的が「保育素材の研究」などなら、仕事に関係するし、
単発のものであったなら、パワハラには該当しないことになると思います。
それに、後輩によっては、「それ、私もやってみたかったんです!」なんてこともあるのでは?
後輩からは遠慮して、言い出しづらいこともありそうです。

研修を持ちかけるときに、確認したいこと

マメ先生 ただ、「パワハラ」とはいえなくても、いい気分にさせない提案はあるかもしれません。
もし、提案するのであれば、
❶後輩との信頼関係があること
少なくとも、「こじれた人間関係になっていない」(こじれていたら、まずその関係修復が先)。
❷ワクワクするような投げかけになっていること
内容が誘う人たちの興味と、大きく離れてしまっていないこと。
❸必要以上の負担が生じないよう配慮できていること
忙しい時期を避けたり、設定した研修時間を厳守したりすること。
これらが研修提案の前提となるのでは、と思います。

パワハラの定義は、共有しておこう

マメ先生 でも、考えてみたら、園長先生が言う「目上の者が下の人に提案するのがパワハラ」なら、あなたに「研修の提案をしないで」という園長先生のその態度だって、パワハラってことになり
ますよね?

マメ先生 現実的には、「残業するのが当たり前」「意見をすれば罵倒(ばとう)されたり、ずっと無視され続ける」などで精神的に病み、訴訟になった事例もあります。
そのせいで、みんなが「パワハラ」に対してピリピリするのは無理もありません。
ただ、「パワハラ」という言葉を使うときには、その定義を確認した上で、使ったほうがよさそうですね。

★この記事は、小学館『新 幼児と保育』公式Instagram(←こちらをタップorクリック!)でリール動画を配信した内容にweb版として加筆・再構成したものです。また、小学館の雑誌『新 幼児と保育』では、ほかのリール動画で配信した内容に加筆・再構成し掲載していますので、どうぞご覧ください。また、このコーナーへの質問、疑問も募集中です。下から投稿できます。

お話/大豆生田啓友(おおまめうだ ひろとも)先生
玉川大学教授。保育・子育て支援系が専門。特に保育の質が研究のメインテーマ。著書に『日本が誇る! ていねいな保育』『日本版保育ドキュメンテーションのすすめ』『子どもが対話する保育「サークルタイム」のすすめ』(ともに共著・小学館)など多数。

構成・イラスト/おおえだ けいこ

【関連記事】
保育マメマメQ&Hints! 保育の悩み、立ち話 with 大豆生田啓友先生シリーズはこちら!
・「音楽系の活動が苦手です」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「子どもにねだられたら抱っこしていい?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「国の配置基準『1対6』の意味は?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「子どもが落ち着かない」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「保育中にグチが出てしまいます」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「園内研修の提案はパワハラ?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「パート勤務で担任の先生に叱られてしまう」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「保護者からの信頼回復方法は?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
>>もっと見る

保育者のみなさんに役立つ情報を配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
保育マメマメQ&Hints! 保育の悩み、立ち話 with 大豆生田啓友先生

保育者の学びの記事一覧

雑誌最新号