「主任からの指導計画の書き直しがつらいです」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】

連載
保育マメマメQ&Hints! 保育の悩み、立ち話 with 大豆生田啓友先生
関連タグ

玉川大学教授

大豆生田啓友
指導計画書き直しを主任に言われている保育者

大豆生田 今回の質問は、「主任に指導計画を見てもらっているのですが、毎回書き直しがつらいのですが…」です。答えはひとつじゃありません。ぼくの考えるいくつかの対応例をあげます。みんなで対話して、考えていきたいですね。

※公式Instagramで今回のテーマの動画(約90秒)が見られます。(←文字をタップorクリックしてください)左下は、リール動画撮影中の様子(写真左は小学館編集スタッフ)

大豆生田啓友先生

玉川大学教授。保育・子育て支援などが専門。特に保育の質の向上が研究のメインテーマ。著書に『日本が誇る! ていねいな保育』『日本版保育ドキュメンテーションのすすめ』(ともに共著・小学館)、『子どもが中心の「共主体」の保育へ』(監修・小学館)など多数。2024年9月28日に柴田愛子先生との対談を保育セミナーで行います。←この部分をタップorクリックして詳細と申し込みサイトへ

保育は、子どもの生活に丸ごとかかわるお仕事。
そして、同僚や保護者との関係も複雑に交ざり合って、
なかなか個人の思ったとおりにはいきません。
「こんな場合、どうしたら?」
そんな現場の保育者が抱える悩みや疑問に対して、
大豆生田啓友先生から、考え方のヒントをいただきました。
これをもとに、仲間とぜひ話し合ってみてください。

Q花先生の質問
Q花

Q花 作った計画案を主任に見てもらいますが、必ず、書き直しをさせられます。以前の主任のときは、そんなことありませんでした。何だかマウントをとるために、あら探しをされている気がして。どうしたらいいですか

共感しているマメ先生
マメ先生

マメ先生 そういうダメ出し、本当にキツいですよね。

まさか、あら探しだとは考えたくないですが、まず、上に立つ先生は、「毎回修正を入れると、後輩はあら探しをしている、マウントをとろうとしていると感じるんだ」と知っておいてほしいですね。

そして、もし問題点があったとしても、それを指摘する前に、できているところを探して「ここはよく書けているね」と認めてあげてください。そうでないと自信をなくさせるばかりで、多分効果はあがらないと思います

具体的にどこがダメかを聞いてみる

マメ先生 では、指摘された側は、実際どうしたらいいのか。

もし、その主任がダメ出しだけをして、なんの指示も出さないとか、抽象的なクレームしか言わないのであれば、「どういうところがダメなのか、具体的に教えてもらってもいいですか?」って聞いてみてください。

それで、もし主任が説明してくれたら、理解できた部分を項目立てにして、「じゃあ、今度はこことここに気をつけてみます」と自分から言ってみます。
ちょっとその場面をシミュレーションしてみましょう。

主任との会話──シミュレーション(例)

指導計画の書き直しを指示

私:あの~、もう少し、具体的に教えてもらってもいいですか?

主任…たとえば、「ねらい」と「内容」は、両方とも「戸外の遊具で遊ぶ」って、同じことが書いてあるよね。「ねらい」には、その活動によって、何を期待するのかを書かないと。保育での遊びは目的そのものじゃなくて、手段なんだから。書くなら最低でも、「戸外のさまざまな遊具で遊ぶことを楽しむ」だよね。

「内容」は、活動がもっと具体的にイメージできるように書かないと。特にどんな遊具を中心に、どんな遊びをしてほしいの? 三輪車でレースをするとか? 砂場で水を使った遊びとか?

「援助のヒント」のところは、「内容」と関係ないことばっかり書いてあるでしょ?

それじゃ、活動の「内容」をどう援助して、「ねらい」につなげるつもりなのかわからないよ。

私:そうすると…「ねらい」は何を期待するかを考えて書く、「内容」は活動がイメージできるように書く、「援助のヒント」は、ねらいや活動の内容とリンクさせて考えればいいんですね(問題点の共有化)。今度から、そこに気をつけて書くようにしてみます。

問題点の共有化で、無意味なダメ出しは減る

マメ先生 こんなふうに主任が気になるところをはっきり共有化できれば、万が一、主任が、あら探しをして、毎回適当な理由で書き直しをさせているのなら、それがなくなるんじゃないかと思います。

Q花 その代わり、「そこに気をつけて書いてみます」と言うと私も大変になりそうです。

マメ先生 ですね(笑)。

実は記録の書き方って、保育者養成校や園、一人ひとりの先生でやり方に微妙な違いがあって、ひとつの正解があるわけじゃないんです。

でも、指導的立場の人のやり方を自分の中に取り込んで、合わせるようにしたほうがよい場合もあります。もちろん、おかしいな? と思ったら、言い方には気をつけつつ、意見してもいいんですよ。

先輩は、新人だったときのことを思い出して

Q花  もし、具体的に教えてほしいと言ったとき、「忙しくてそんな時間はない」「そんなの自分で考えて」と言われたら?

マメ先生 「自分ひとりではまだ心もとないので、ほかの先生に相談していいですか?」と言ってみては?

園では、後輩育ても仕事の一環です。たとえ多忙でも、それがまったく機能していない園は不安です。訴えても変わらない、人間関係が悪化するようであれば、転園することを検討してもよいかもしれませんね。

上に立つどの先生も、自分が新人だったころのことを思い出して、先輩にどうしてほしかったのか考えてもらえたらと思います。

今回のマメマメヒント

指導計画案のどこがわるいのか聞いている様子

★この記事は、小学館『新 幼児と保育』公式Instagram(←こちらをタップorクリック!)でリール動画を配信した内容にweb版として加筆・再構成したものです。また、小学館の雑誌『新 幼児と保育』では、ほかのリール動画で配信した内容に加筆・再構成し掲載していますので、どうぞご覧ください。また、このコーナーへの質問、疑問も募集中です。下から投稿できます。

お話/大豆生田啓友(おおまめうだ ひろとも)先生
玉川大学教授。保育・子育て支援などが専門。特に保育の質の向上が研究のメインテーマ。著書に『日本が誇る! ていねいな保育』『日本版保育ドキュメンテーションのすすめ』『子どもが対話する保育「サークルタイム」のすすめ』(ともに共著・小学館)、『子どもが中心の「共主体」の保育へ』(監修・小学館)など多数。

構成・イラスト/おおえだ けいこ

【関連記事】
保育マメマメQ&Hints! 保育の悩み、立ち話 with 大豆生田啓友先生シリーズはこちら!
・「主任からの指導計画の書き直しがつらいです」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「子どもの手形に大人が描き足す作品に違和感があります」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「不慮の事故を防ぐにはどうしたら?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「ほどんどの活動にも興味が持てない子どうしたら?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「外遊び? 製作遊び? 同僚と考えが合わずモヤモヤ」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「コーナー遊びを始めたい」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「音楽系の活動が苦手です」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「子どもにねだられたら抱っこしていい?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「国の配置基準『1対6』の意味は?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「子どもが落ち着かない」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
>>もっと見る

保育者のみなさんに役立つ情報を配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
保育マメマメQ&Hints! 保育の悩み、立ち話 with 大豆生田啓友先生
関連タグ

玉川大学教授

大豆生田啓友

保育者の学びの記事一覧

雑誌最新号