「保護者からの信頼回復方法は?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】

連載
保育マメマメQ&Hints! 保育の悩み、立ち話 with 大豆生田啓友先生
関連タグ

玉川大学教授

大豆生田啓友

大豆生田 答えはひとつじゃありません。ぼくの考えるいくつかの対応例をあげます。みんなで対話して、考えていきたいですね。

※リール動画撮影中の様子(写真左は小学館編集スタッフ) 公式Instagramで今回のテーマの動画(約90秒)が見られます。(←文字をタップorクリックしてください)

大豆生田啓友先生

玉川大学教授。保育・子育て支援系が専門。特に保育の質が研究のメインテーマ。著書に『日本が誇る! ていねいな保育』『日本版保育ドキュメンテーションのすすめ』(ともに共著・小学館)など多数。

保育は、子どもの生活に丸ごとかかわるお仕事。
そして、同僚や保護者との関係も複雑に交ざり合って、
なかなか個人の思ったとおりにはいきません。
「こんな場合、どうしたら?」
そんな現場の保育者が抱える悩みや疑問に対して、
大豆生田啓友先生から、考え方のヒントをいただきました。
これをもとに、仲間とぜひ話し合ってみてください。

信頼回復、どうしたら?

  Q美

Q美 子どもにひどい扱いをしていた園のことが、ニュースになっていました。
それを見たお母さんたちから、「一見やさしそうな先生たちでしたよね」と言われて、私たちも疑われてるのかもと、悲しくなりました。どうしたら信じてもらえますか?

  マメ先生

保育ドキュメンテーションを使おう

マメ先生 多くの保育者がそう感じているかもしれません。みんなが信頼回復のために、もっと発信力を持たないとならないですね。

 一人ひとりの保育者としては、子どもの姿とか、エピソードを、保護者に伝える機会を増やせるといいかな。

 写真で伝える保育ドキュメンテーションも役に立つと思います。子どもの姿を温かく、ていねいに語ることで、信頼を得ていく努力をしていきたいですね。

 それと、子ども自身の姿も、信頼できるかどうかのバロメーターになるはずです。「園が大好き!」「先生が大好き!」とわが子が感じているなと保護者が思えれば、それが一番の信頼をつくってくれるんじゃないでしょうか。

Q美 そのためにも、私たちは毎日、ていねいで温かい保育をしなきゃいけないですね。

行政の協力も

マメ先生 また信頼回復は、園の努力だけでなく、保育行政の協力もとても重要だと思ってます。

Q美 それは…、不適切な保育をしている保育者がいたら、密告できるようなシステムをつくるとか?

マメ先生 いやいや(笑)、まず、もっと予防的なかかわりです。不適切な保育が起こらないよう、保育条件を整える援助をしたり、「不適切な保育」の具体的内容について、十分に学ぶ機会をつくるなどです。何が不適切か、わからない先生も少なからずいるので。

 風通しがよい中で、そういう取り組みをしていることが広く保護者に伝わることは、安心につながると思います。

むろん、密告というか、相談窓口は必要です。隠蔽を放置するのは、絶対に避けなくちゃいけない。

でも願わくば、そんな窓口より先に、「不適切な保育をしてしまいそうです」と言えるような関係をつくってほしい。追い込まれている保育者がいることを、自治体の担当者にももっと知ってほしいです。

不適切な保育に陥らないよう、学び続けていることを保護者にアピール!

          

【保育ドキュメンテーション 1Hint】

先生が子どもと一緒に写っている写真を使ってみてください。先生との関係性が写真で見られれば、保護者の安心につながるかも。

*ただし、写真は一瞬を切り取ったものです。つまり、「都合のよい場面」を使っていると受け取られる可能性あり!

そうでないことを示すために、

・保育ドキュメンテーションをもとに、対話すること

・ムリのない範囲で、保育ドキュメンテーションをコンスタントに開示し続けるこ

これらを気にとめておけたらと思います。


【参考図書】
『日本が誇る! ていねいな保育  0・1・2歳児クラスの現場から 』
『日本版保育ドキュメンテーションのすすめ「子どもはかわいいだけじゃない!」をシェアする写真つき記録 』(ともに大豆生田啓友・おおえだけいこ共著 小学館)※上の本のタイトルをタップorクリックすると公式サイトで本の紹介が見られます。

★この記事は、小学館『新 幼児と保育』公式Instagram(←こちらをタップorクリック!)でリール動画を配信した内容にweb版として加筆・再構成したものです。また、小学館の雑誌『新 幼児と保育』2023年春号でも、ほかのリール動画で配信した内容に加筆・再構成し掲載していますので、どうぞご覧ください。また、このコーナーへの質問、疑問も募集中です。下から投稿できます。

お話/大豆生田啓友(おおまめうだ ひろとも)先生
玉川大学教授。保育・子育て支援系が専門。特に保育の質が研究のメインテーマ。著書に『日本が誇る! ていねいな保育』『日本版保育ドキュメンテーションのすすめ』『子どもが対話する保育「サークルタイム」のすすめ』(ともに共著・小学館)など多数。

構成・イラスト/おおえだ けいこ

【関連記事】
保育マメマメQ&Hints! 保育の悩み、立ち話 with 大豆生田啓友先生シリーズはこちら!
・「ほどんどの活動にも興味が持てない子どうしたら?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「外遊び? 製作遊び? 同僚と考えが合わずモヤモヤ」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「コーナー遊びを始めたい」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「音楽系の活動が苦手です」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「子どもにねだられたら抱っこしていい?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「国の配置基準『1対6』の意味は?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生
・「子どもが落ち着かない」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「保育中にグチが出てしまいます」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「園内研修の提案はパワハラ?」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
・「パート勤務で担任の先生に叱られてしまう」【保育マメマメQ&Hints! with 大豆生田啓友先生】
>>もっと見る

保育者のみなさんに役立つ情報を配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
保育マメマメQ&Hints! 保育の悩み、立ち話 with 大豆生田啓友先生

保育者の学びの記事一覧

雑誌最新号